FC2ブログ

飲み屋エクスプローラ

2010年からの飲み屋エクスプローラです。昔は飲み屋や海外もありましたが、最近はランチ主体です。
飲み屋エクスプローラ TOP  > 

らーめんMAIKAGURA (8/1)

暑い盛りの日曜日に前から気になっていた千歳船橋のらーめんMAIKAGURAの行列に並んでみた。
駐車場はないので、隣か斜め向かいのコインパーキングに止めることになるが、安い隣に止められればラッキーだがスペースは2台なので競争率高しである。

店の入り口付近にある食券機で900円の鶏白湯麺を選んだ。なお、味玉半分が入っているので、味玉追加しなくても大丈夫。
店内はこざっぱりとしており、7人のカウンター席は一人一人のスペースがゆったりとられている。

鶏白湯麺は、ローストポークのようなチャーシューが2枚、味玉半分、ねぎ少々というシンプルな構成。
麺は細麺でつるっとした舌触りがよい。スープは鶏のうまみが詰まったポタージュという感じ。途中から黒コショウを少し効かせてもGoodである。
チャーシューは薄めだが、美味しい。味玉はアクセントでゆずが効いていて、いける。

店としてはいわゆる高級ラーメンにあたると思われる。うまい店ならコロナ禍関係なく客足が途絶えないことを実感した。
スポンサーサイト



[ 2021/08/03 00:11 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

海員閣(7/28)

まだまだ暑い水曜日の昼食は久しぶりの中華街でもと思い、大三元酒家に向かったところ休みだったので、ぶらぶらしていたところ、海員閣の前で、店の女性から席が空いてますよと声をかけられたので、有名店ということもあり入ってみた。

12時前で確かに席は半分くらい空いており、この時期の平日ならではとは思うが、行列を作っていたのが懐かしく思える。
店内はこざっぱりとしており、気持ちが良い。豚バラ麺と迷ったが、五目かた焼きそば(950円)を注文した。
順番に作るので少し時間がかかるとのことだったが、楕円形の皿に山盛りあんかけ焼きそばが15分も待たずに到着。

麺は揚げたてで香ばしくて美味しい。この風味の麺を味わうためか、餡はやや薄目の味つけである。野菜はしゃきっと炒められており、豚肉、エビ、大ぶりのイカが入っている。途中から酢を加えようかとも思ったが、いつの間にか残りが少なかったので、そのまま完食した。

どうも麺を主役で味わうための餡のような感じである。ちょっと他の店のかた焼きそばも食べてみたくなった。
また、こちらでは次回平日昼食での豚バラ麺を目指すことにした。
[ 2021/07/29 23:31 ] 中華 | TB(0) | CM(0)

東京らあめんタワー(7/26)

暑い日が続く月曜日に大門の東京らあめんタワーで久しぶりの昼食。
12時前で席はまだ空席が目立った。熱い中歩いてきたので、つけ麺(780円)で中太ストレート麺を券売機で注文した。
まだ早めだったので、ほぐしチャーシューのサービスおにぎりも付いてきた。これに辛みそねぎを頼んで、つけ麺がくるまで腹ごなし。

つけ麺はしょうゆラーメンの味が基本で魚介が効いている感じである。チャーシューはほぐし?なので麺やスープと絡まって味わう。
ここのチャーシューは美味しいので、普通のらあめんの1枚物の方が味わえて好みなので、次回はらあめんだなと誓って店を後にした。
もちろん早めの昼食でサービスおにぎりを目指すのは言うまでもない。



[ 2021/07/29 23:04 ] ラーメン | TB(0) | CM(0)

焼肉ライク 横浜関内店 (7/20)

昼食に中華街に出向こうと思ったが、先日見かけて気になっていた焼肉ライク 横浜関内店にふらふらと引き寄せられた。このコロナ禍にマッチした? お一人様ターゲットの焼肉である。

まずは店員に席に通されて、自分でタッチパネルから注文する。無難に?Wカルビプレート100g(720円)を注文。しばらくすると注文の品ができたという表示が出るので、席番号の札をもって受取口まで取りに行く。
受け取った後は、自分の席に戻り、自分でロースターに火をつけて、好きに焼いて食べていくというシステムである。
100gだと少し寂しいが、キムチがあるのでちょうどご飯一杯食べられる感じである。それからわかめスープも付いてくる。

バラカルビはほぼ薄い牛バラである。一方、匠カルビはやや厚切りでうまみが感じられるが少し硬い。
まあ、焼きたてが食べられるということで、バラカルビ定食(580円)だと松屋のカルビ焼肉定食(630円)よりコスパは良さそうだ。それから女性客もちらほら見えたので、その点、松屋よりも有利かも。
[ 2021/07/23 11:08 ] 焼肉 | TB(0) | CM(0)

Colonial BEACH (7/18)

夏真っ盛りという灼熱の中、かなり歩いた後に、みなとみらいはハンマーヘッドのColonial BEACHに飛び込んだ。

本来はテラス席や窓際が売りの店だが、あまりにも暑いので店の入り口そばの席にした。しかし部屋の気持ちよさでは、やはり窓に近い大きな部屋に軍配が上がる。
それほどしっかりと食べたいというわけではなかったので、牡蠣のスープカレー(1300円)にドリンクバー(450円)を注文。ドリンクバーはマンゴービネガーのような変わったものもあり、まあ満足。

少し待つとドレッシングがいけるミニサラダがまずは到着。それからさほど待つこともなくカレーの到着。
本当にさらさらとしたスープ状のカレーであり、牡蠣は4個入り。牡蠣のうまみを期待したが、それほど牡蠣は主張していなかった。辛さもそれほどではなく、無難な味わいというところか。

まあ美味しいものを目指すというよりも、居心地良く、食事とドリンクでゆっくり過ごすというのがよさそうで、そうであれば十分満足と思われる。間違っても味に小うるさいオヤジ二人で入る店ではないのは言うまでもない・
[ 2021/07/19 22:46 ] その他洋食 | TB(0) | CM(0)

ダイニング湘鎌 (7/15)

本日は所用のため、大船は湘南鎌倉総合病院でのランチで、ダイニング湘鎌へ赴いた。
場所は新しい棟の一階で、できてあまり日もたっていないため、非常にきれいである。

注文はメニューで一押し感のあった担々麺(980円)。正式には湘鎌おすすめ濃厚担々麺ということで、豆乳?が効いているのか結構クリーミーであった。一方麻辣の効きはマイルドで食べやすさ重視と思われる。なお、麺はちぢれ麺でそれほどの特徴はない。

きれいな病院内でゆっくりと食べられるという点では適当なレベルと思われるが、使い捨てのエプロンがあるとうれしかったところ。なお、パイシューなどはリーズナブルな価格なので、ちょっとした待ち時間にはよさそうである。


[ 2021/07/15 22:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

徳記 (7/10)

梅雨の晴れ間の土曜日に中華街でもということで、徳記で豚足タンメン(1045円)を。

土曜日で一階はすでに一杯なので、二階にとおされた。初めて二階に来たが、二階は最低でも四人席という作りだった。
豚足タンメンは、大き目の豚足煮込み2本が別皿で、麺と漬物、デザートの杏仁豆腐である。
豚足は誰もが言う通り、トロトロで柔らかく、甘めのたれと相まって、それだけでも美味しいが、醤油系でシンプルだが味わいのある麺の上にのせて、一緒に食べても美味しい。
豚足単体で食べるには練り辛子を付けるのも美味しい。

豚足のボリュームがあるので、これ一品で結構腹一杯である。デザートの杏仁豆腐はかすかにミントが感じられて溶けるような食感がGoodである。

ちなみに、土曜日でも平日同様770円のランチがあるのが良心的である。
だが、支払いは現金のみなので贅沢注意である。
[ 2021/07/11 21:41 ] 中華 | TB(0) | CM(0)

青龍の穴 (7/7)

神谷町での昼食に高本製麺所に向かっている途中、前から気になっていた1000円ステーキ 青龍の穴に入ってみた。

店に入ると入口にある自動販売機で食券を買って、席に通される。もちろん1000円のトップサーロイン180gを選択。ライス大盛りがサービスだが、最近太り気味なので、自重した。

12時前ということもあり余り混んでおらず、それほど待つこともなく、ステーキが到着。ライスとステーキのみで付け合わせの野菜は付かないという潔さである。肉は牛の味がしっかりと感じられて硬くなく、1000円で180gであれば十分なコスパである。

水は紙コップなど、安く上げるための努力が感じられる。気軽に神谷町界隈で1000円ステーキが食べられれば満足である。
それから、店内に入らないと他のメニューがよく分からないが、隣の人が食べていたガーリックライスが気になりつつ、店を後にした。


[ 2021/07/07 23:26 ] アメリカン | TB(0) | CM(0)

生香園  本館(7/3)

梅雨の最中、雨が上がっている土曜日の昼食に馬車道は生香園 本館に向かった。
店に入ると、早速富輝さんがお出まし。人数を告げて席に案内してもらう。

3人で行ったので、二色チャーハン、ネギと生姜の煮込みそば、ねぎ入りつゆそば、春巻を注文。
自分はねぎ入りつゆそばであるが、細麺にザクっと切ったねぎとチャーシューの細切りが入った醤油味系である。普通に美味しいというところであるが、少し分けてもらった生姜の効いた煮込みそばの方が好みかも。
春巻はしいたけの効いた餡がいける。

それから、これも少しもらった二色チャーハンは一色が普通のチャーハンで、もう一色がチキンライスのような感じだった。チャーハン好きであれば、エビチャーハンのような一色?チャーハンが無難かも。
支払いは合計3,990円ということで、まあ妥当かと。


[ 2021/07/03 22:50 ] 中華 | TB(0) | CM(0)

牡丹園 (6/30)

6/21の月曜日に向かったものの休みだったので、仕切り直しとなる中華街は牡丹園牛バラチャーハン(700円)を目指した。

12時前に店に入ったが、一階はソーシャルディスタンスということもあり、座れずに二階に案内された。初めての二階だが、ベイスターズの写真に加えて、女性漫画家の色紙なども満載で豪華絢爛である。
それほど待たされることもなく、牛バラチャーハンと大根・トマトのスープが到着。
チャーハンはパラっと系で、それに乗っている八角が効いたやや甘めの牛バラ煮が柔らかくて、思わず美味しいと言ってしまう一品である。

やや薄目と思われるスープもこのチャーハンとのバランスが良い。最後は杏仁豆腐で〆だが、味は普通だが、量が多いのがうれしい。
これで700円は十分満足だが、牛バラ飯や牛バラ麺なら600円というサービス価格である。平日ランチならやはり優先度が高い牡丹園である。
[ 2021/07/01 19:04 ] 中華 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

館主人

Author:館主人
最近は飲みが減った酔っぱらい。
飲みを主体につぶやいていましたが、今はとりとめなくなっています。

最近のコメント
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
カウンター