FC2ブログ

飲み屋エクスプローラ

2010年からの飲み屋エクスプローラです。それ以前はにランチ主体です。
飲み屋エクスプローラ TOP  >  フレンチ >  ル・ブール・ノワゼット トウキョウ

ル・ブール・ノワゼット トウキョウ

天気の良い日曜日に銀ブラということで、ランチはリニューアル後の三越12階のル・ブール・ノワゼット トウキョウ(03-6228-6913)で久しぶりのフレンチである。

ランチは3500円で、前菜、メイン、デザート各数種のうちから、1つを選ぶプリフィックスだが、コーヒーがついていないので、実質4,000円コースとも言える。

主人と相方は、それぞれ以下をオーダーして、シャンパン(Cordon Rouge:いんちきスパークリングとは違って豊かな泡立ち)からスタート:
前菜
・ビーツとスモークサーモンのレムラード:赤系統の彩で見た目がきれい。酸味が食欲をそそる
・豚足のカルパッチョ、レンズ豆のヴィネグレット:コラーゲンたっぷりで旨みも出ていた
メイン
・真だらのロティ:塩味にちょっと甘めのソースがGood。白ワインが進むよ。
・富士鶏の黄ワイン蒸:味付けは控えめにやわらかく蒸した鳥でまたワインが進む(こればっかり)
デザート
・秋のフルーツとキャラメルクリームのミルフィーユ:ミルフィーユというよりはパイ?
・焼きたてゴーフル バニラクリームと2種のソース:バニラの甘みとラズベリーの酸味がいい感じ。

ということで、ワインはコート・デュ・ローヌの白をカラフェ(ハーフ)でいい酔い心地。

そうこうするうちに席もすべて埋まり、見渡すと、シルバーエイジが結構多くて、銀座のデパート内であることを再確認。中でもボルドーをあおりながら子牛のロティを平らげるおばあちゃん2人組には脱帽。
年をとっても酒が飲めて肉が食えなきゃいかんと再確認?!
まあそんなこんなで一人7,000円位。味、サービス、くつろぎ感からすればまあ妥当かなと。




スポンサーサイト



[ 2010/11/08 22:04 ] フレンチ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

館主人

Author:館主人
最近は飲みが減った酔っぱらい。
本家は「酔っぱらいの館2010」(リンク参照)
また、飲みを主体につぶやいています

最近のコメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
カウンター